ISSUE014 / SIDE by COFFEE(松川町)

寄り添うことで、生まれる時間。 ―SIDE by COFFEE

Published on 8.11.2018

2018年秋。
FIELD WORKによる、新しいプロジェクトが始まる。

たとえば本屋でも、雑貨店でも、コインランドリーでも。
一つの店舗に、もう一つの場、が寄り添うことで、
すごす時間は豊かに膨らみ、また別の味わいが加わる。

椅子に腰掛け、ひととき憩う。
景色を眺め、本を読む。
あるいは次のどこかへ向かうまでの
束の間の時間を、ささやかなよろこびに変える──。

そんな空間をここ、伊那谷で生み出すため、
私たちは動き始めている。

隣に、を意味する“side by”。
最初の“お隣”は、眼前にりんご畑を臨む高台に建つあの店。
「Boulangerieみかづき」(以下みかづき)の旧店舗をリノベーションし、小さなコーヒースタンドをオープンする運びだ。

席数はあくまでも少なく、スタンド形式が基本。
コーヒーを中心としたドリンクの提供に加え、
私たちがセレクトした雑貨や、ここ伊那谷の、愛すべき産品をご紹介していこうといま、考えている。

ph_008

2018年8月現在、みかづきの新店舗建設は佳境に。
もうすでに、外観を目にしているファンも多いかもしれない。
新しい店舗は、店内でパンを選ぶデザインとなり、
窓ごしにパンをオーダーして受け取る、あのおなじみのスタイルは、
少し形を変えながらも私たちが受け継いで行くことになりそうだ。

目下の私たちはと言えば、
店内に並ぶ商品のセレクトに追われながら、
みかづきのおいしいパンと、
このロケーションに似合うコーヒーの研究を重ねているところだ。

加えて、いつでも訪ねられるOPEN HOUSEとしても
みなさんにお楽しみいただくべく、
随時変えていく予定のインテリアの構成にも、思いを巡らせて──。

新しい一歩、
わくわくする気持ちを大事に、一つひとつ。
side by プロジェクトは今、始まったばかり。
秋、ここでみなさんとお会いできる日を、心待ちにしています。

———
つづく